Menu

Connect with us

工具セット用前歯用工具セット用ねじセット

price:USD$386.00
discount 70% in 2018-09-20 to 2018-09-22
price: USD$ 270.20
freight :USD$18.00,(Express)
freight :USD$7.00,(Postal parcel)
views:0
Search Similar or mail to saler or send message to saler

Pay with PayPal, PayPal Credit or any major credit card

 
 

 

タップ使用法:

(1)タッピング時、先に挿入头锥をタップ中心線と一緻してドリルの中心線。

(2)両手均等の回転して、圧力を加えて、タップ送り、送りした後に圧力を加えることはありません。

(3)1回回転して1回反転する45°ふさがるを断ち切るために、滯にしてはならない。

(4)タップ回転が困難な時は回転力を増加して、でなければタップは折れることができます。

日常保守:

1、タッピング時端面オリフィスなら面取り;タップとワークの穴同軸;タッピング開始時をかけるべき軸圧力をタップ切り込み、カットイン何週後はもう軸力を加える。

2が、タップ校正部分にねじ穴後、正転半週ごとに1界は返す1/41/2圏を切りくず割れがさらに下攻;攻略スルーホールの時、よく名目にタップを列くず。

3、鋼類ワークにタッピング時加切削液は鋳鉄ワークにタッピング時に、少量の油で头攻;後で、更に二、三攻攻めの時、必ずタップねじ込みねじ穴。

4、セットの糸にワーク端部面取りするべきだと、歯の端面ワーク軸垂直;セット糸初めに回転軸圧力を加え、圧力相応の大きくする;歯切り出工作物にネジにやめて圧力を加える。

5を切るときは、糸を切断するために、常に逆転して、常に逆転して。

6ワークは、しっかり固定クリップ、取り付け具に;タップ折れない時、手で触って折れカ所で挟み、または衝剔出彫り込むよう、切れ糸に着用しなければならないゴーグル。

門歯法:

ウェハでねじ加工ねじを加工する場合、半切削半押し出す状態。さんまの内径と有効径を切削部分、特にダイ内径耐える切削力が大きいため、必要に一定の強度や加工能力。雄ねじ切り削る考慮のねじタップ穴に合わせてしかるべき時一定のすきまを考慮し、摩耗量から、ダイスを設計するときは、内径と有効径はネジ内径、中径の呼び寸法。jmM0.8ねじ山D=0.584門歯の内径D板内。、= 0.55ミリ、M0.8ねじのねじの中径Dの中で=0.67門歯の中径はD板の中mx= 0.67ミリ、一般に確定する0.66—0.67ミリ.実際に生産中、ダイス、有効径摩耗に廃棄することは少ないので、だから設計時に径の摩耗量を考えて小さい。しかしもし有効径であるは、ネジのツイ圧力を増大して、だからダイの中径は設計して小さい。ねじの外径は切削時に金属は門歯の押出によって変形性変形で得られた。にならないための金属に渋滯するワークが折れ、さんまの外径仕事に参加するべきではないとされ、それを殘して切削間の隙間。切削M0.8ねじ山外径最小を0.8ミリ、一般的な外径は増大しなければならない0- 02^0.03ミリミリメートル

注意事項:

先にボルト素地の端部加工45度の面取り、前歯の方向を防止するために突然のロード現象が発生することを防止する。同時に、円盤牙や六角を垂直にしてボルトの素地を。
なるべく小さくボルト素地直径、すなわち確保とボルト大径についての公差下限を近く、タッピング時に生じる切削力低下。
刃傾角部分の臼歯を使用することで、切り屑を切削加工エリアに導くことを確保できる。
正しく冷却液を採用し、また、量の冷却剤を切削加工エリアに向ける。
開口ダイスで調節時、ないダイスを広げ、広げたダイス、タッピング時発生で切削部品に対して接触。均一回転調節ネジ、開口部約0.15 mm。ダイの場合は、前歯に作用している場合、ダイダメージをします。