Menu

Connect with us

エマーソン・PS48300-3B / 2900U48V300A室内電源ラック

price:USD$6000.00
discount 70% in 2018-10-22 to 2018-10-24
price: USD$ 4200.00
freight :USD$18.00,(Express)
freight :USD$7.00,(Postal parcel)
views:0
Search Similar or mail to saler or send message to saler

Pay with PayPal, PayPal Credit or any major credit card

エマーソン・PS48300-3B / 2900U48V300A室内電源ラック

連絡先:王莉

連絡電話:18630257655

エマーソン・通信電源概括
エマーソン・通信電源製品、通信電源モジュール:R48-1800A、R48-2900U、R48-1000、R48-5800A、R24-2200、R48-3200eなど整流モジュール、通信電源システム:PS24600-2A / 2200、P48300 / 1800、PS48120-2 / 1800、PS48300-3B / 1800、PS48300-3B / 2900、PS48600-3B / 2900、NetSure801など通信電源システム。に、PS48600-3B / 2900システムの技術のパラメーター

パラメータのカテゴリー

パラメータの名称

PS48600-3B/2900

環境条件

作業温度

-5~40℃

貯蔵温度

-40~70℃

相対湿度

5~95%RH

標高

≤(必要額使用を超す下げ)

ない導電ほこりや腐食性ガス爆発の危険がない

交流入力

入力方式

三相5線式

定格入力相電圧

220V

入力電圧範囲

85~300Vac

入力交流電圧週波数

45~65Hz

の最大入力電流

80A(170V入力)≤

力率

≥0.99

直流出力

出力直流電圧

42.2~57.6Vdc

直流電流出力

0~600A

レギュレータ精度

≤1%

効率

≥88%

峰ピーク雑音電圧

≤200mV(0~20MHz)

電話衡重雑音電圧

≤2mV(300~3400Hz)

広帯域雑音電圧

≤100mV(3.4kHz~150kHz);≤30mV(150 kHz~30MHz)

離散雑音

≤5mV(3.4kHz~150kHz);≤3mV(150kHz~200kHz);≤2mV(200 kHz~500kHz);

≤1mV(0.5MHz~30MHz)

交流入力警報と保護

交流入力過電圧アラート点

デフォルト値±5Vac 280、モジュールの監視

交流入力過電圧警報を回復する時

デフォルト値を下回る270±5Vac、交流入力過電圧アラート時10Vac

交流入力低電圧アラート点

デフォルト値±5Vac 180、モジュールの監視

交流入力低電圧警報を回復する時

デフォルト値±5Vac 190以上交流入力低電圧アラート時10Vac

直流出力警報と保護

直流出力過電圧保護点

既定値59.0±0 . 2 Vdc

直流出力過電圧アラート点

既定値58.5±0 . 2Vdc   制御モジュールの

直流出力過電圧警報を回復する時

既定値58.0±0 . 2Vdc    過電圧アラート点以下0 . 5Vdc

直流出力不足電圧アラート点

既定値45.0±0 . 2Vdc    制御モジュールの

直流出力不足電圧警報を回復する時

デフォルト値±0 . 45 . 5Vdc    上記の低電圧アラートポイント0 . 5Vdc

負荷で電気アクションポイント

既定値44.0±0 . 2Vdc    制御モジュールの

バッテリー保護アクションポイント

既定値43.2±0 . 2Vdc    制御モジュールの

整流モジュール

均流特性

整流モジュールを機の仕事を持つことによって、負荷等分負荷能力、そのバランスが優れているべき±3%の出力定格電流値電流;テスト範囲10~100 %定格電流

過電圧保護方式

整流モジュール出力過電圧保護と出力過電圧保護ハードウェアソフトウェア、ハードウェア過電圧保護点を59.5V±0.5Vの間に、ハードウェア過電圧保護後どの人工介入が機械をスタートさせる。ソフトウエア保護点を監視モジュールを設置し、設置範囲は56~59V(より高い要求出力電圧0.5V以上、出荷デフォルト値を59V)

ソフト過電圧保護モードの2種類があるが、楽屋メンテナンスソフト選択:

いち.一度過電圧鎖死モード

整流モジュール出力が達成するソフトウエア保護時後、整流モジュールシャットダウンを維持し、介入人間侧の復旧作業が必要、

に.二次過電圧鎖死モード

整流モジュールソフトウエア保護後、機械の電源を消してご秒以内に再起動する場合は、時間内(デフォルト設定をご分、監視モジュール設定)が第二次過電圧整流モジュールは、シャットダウンを維持し、介入人間侧の機械をスタートさせる。人工介入方法:監視モジュールを通じてリセット整流モジュールも、電源システム上から離れてリセット整流モジュール

出力緩啓機能

モジュールブート瞬間、出力電圧が緩やかに上昇し、上昇時間設定できる

扇風機は回転の

モジュールの扇風機は回転が設置自動調節、も設定できる全速力

温度限界出力

45℃環境温度以下、モジュールがいっぱい1740W出力電力、

45℃環境温度以上、モジュール出力採用線形限出力、中:

55℃の環境の温度、モジュールの出力1450W;65℃の環境の温度、モジュールの出力1160W、

ななじゅう℃の環境の温度、モジュールの出力をゼロ

EMC指標

伝導発射

ClassA参考の標準:EN55022

放射線発射

EFT

Level4参考の標準:EN61000-4-4

ESD

Level3参考の標準:EN61000-4-2

サージ

Level4参考の標準:EN61000-4-5

放射妨害耐性

Level2参考の標準:EN61000-4-3

伝導妨害耐性

Level2参考の標準:EN61000-4-6

抗雷撃特性

交流サイド抗雷撃特性

交流入力側に耐えることができてアナログ雷衝撃電圧波形をじゅう/700μs、振幅を5kVの正負極性衝撃各ご回模擬雷衝撃電流波形をはち/にじゅうμs、振幅を20kAの正負極性衝撃各ご回を堪えることができはち/にじゅうμsアナログ雷衝撃電流40kA、いち度。毎回検査間隔時間未満1min衝撃

直流側抗雷撃特性

直流侧に耐える衝撃電流波形アナログ雷をはち/にじゅうμs、振幅を10kAの衝撃に一度

規則

EN60950基準に合緻する

雑音

週囲環境の温度は25℃の時より55dB(A)

絶縁抵抗

温度がじゅうご~35℃以下、相対湿度90%RHの環境の中で、多分試験直流電圧500V、交流回路と直流回路は、交流の部分が直流部分の絶縁抵抗は以下の10 MΩ

絶縁耐力

テストの時は臨時外し防雷ユニット、制御モジュールや整流モジュール、交流回路に直流回路に耐えることができて、効果的に値は50 Hzの交流電圧を3000Vac後1分、漏れ電流≤流がわずか10 mA、無パンクチュア無アーク現象。

交流回路に応に耐えることができて、効果的に値を2500Vac 50 Hzの交流電圧後1分、漏れ電流≤流がわずか10 mA、無パンクチュア無アーク現象。直流回路に応に耐えることができて、効果的に値を1000Vac 50 Hzの交流電圧1分、漏れ電流≤流がわずか10 mA、無破壊、無アーク現象。

主回路との直接接続の補助回路は50 Hzに耐えることができて、効果的に値を500Vacの交流電圧1分、漏れ電流≤流がわずか10 mA、無パンクチュア無アーク現象

MTBF

200 000hr

ROHS要求

RoHS指令R5の要求に満足