Menu

Connect with us

MZC -ⅡA型の組み合わせ差圧計(蓄熱槽、タンクローリーの帯グループ制御弁の液面計)

price:USD$3200.00
discount 70% in 2018-09-22 to 2018-09-24
price: USD$ 2240.00
freight :USD$18.00,(Express)
freight :USD$7.00,(Postal parcel)
views:0
Search Similar or mail to saler or send message to saler

Pay with PayPal, PayPal Credit or any major credit card

MZC -ⅡA型の組み合わせ差圧計主に低温?タンク、低温液体タンクローリーやその他の低温容器の液体ガスの差圧(kPa)表示。構成部分はCYJ-1型双ベローズ差圧計、圧力計とグループ制御弁の3つのユニットで構成される。特徴:グループ制御弁の代わりに?タンクの上のバルブ、下のバルブ、平衡弁と圧力計弁の仕事、かつ差圧計と圧力計はオンライン解体、交換する必要が、ガス止まり補修なかれ。それぞれのユニットの役割は次の通り。

一、CYJ-1型双ベローズ差圧計
CYJ-1型双ベローズ差圧計表示低温容器のレベルの差圧(kPa)。公称直径152mm、精度等級2 . 5級、範囲:0~15kPa、0~20kPa、0~25kPa、0~30kPa、0~50kPa、0~75kPa、0~100kPa、0~125kPa、0~150kPa、0~200kPa、0~250kPa、0~300kPaなど。適用LO2、LN2、LAr、LNGやLCO2などのメディアのレベル測定。グループ制御弁の開け閉め状態をコントロールすることができる、CYJ-1型双ベローズ差圧計の表示をオフにしたり。

二、圧力計
圧力計YO-100Z型表示を採用し、低温容器気相圧力(MPa)、精度のレベル1 . 6級、公称直径ひゃくミリ。適用LO2、LN2、LAr、LNGやLCO2などの媒質の気相圧力測定。制御弁の開き、関状態が圧力計の表示や閉鎖を制御することができます。

三、組み合わせ制御弁
グループ制御弁を採用MZF -Ⅱ型(特許出願番号:200620036608.0)。特徴:ひとつだけを使う代わりにハンドルで元?タンクの上のバルブ、下のバルブ、平衡弁弁の仕事と圧力計。それぞれ各バルブを省いてインストールのパイプラインは、消えた四つのバルブの操作を誤り、縮小した空間を取り付け、操作の信頼性、使用寿命を延長した差圧計。MZF -Ⅱ型グループ制御弁が3つの仕事状態(図)、紹介は次の通り:
(いち)を時計回りに開く状態:時計回りにハンドルから底、制御弁の低圧や高圧ガスそれぞれオン、差圧計表示?タンクやタンクローリーの中レベルの差圧(kPa)。圧力計によると低温容器気相空間の圧力(MPa)。
反時計回り(2)に閉鎖状態:反時計ハンドルから底、組合せ弁入力端末の低圧、高圧ガスの有気と圧力計の有気まで。この時点での圧力計や圧力計はオンライン分解、補修及び交換。
(さん)中間平衡状態:ハンドルが開くと閉鎖状態の間のいずれかの中間に位置し、グループ制御弁が静止状態。つまり入力から差圧計の低圧と高圧ガス圧力は等しくて、無差圧、差圧計無表示値、カーソルが零值範囲、差圧計がバランス保護状態が、圧力計も気相空間圧力値の表示。

4、インストール:
(いち)MZC -ⅡAグループ差圧計のインストール:差圧計裏ブラケットによんしよの直径じゅうミリのスルーホール、よんしよだけでM 8ボルトをスルーホールではMZC -ⅡA型の組み合わせ差圧計固定低温容器の壁面パネルに(図5後ビュー)。
(に)と?タンクのパイプの溶接:取引先の需要によって、当組合差圧計提供内径はちミリと2種類ろくミリステンレス円弧形継手。可溶接外径をはちミリとろくmm 2種類のステンレス送気管(図6 MZF -Ⅱ型グループ制御弁接続図)。

5、操作
(いち)読み取り液面指示値(kPa)差圧:
①指針零位の校正:?タンク液相和気相パイプライン有気の場合は、グループ制御弁が開け閉め中間位置。差圧計の針にもどるべき零值範囲を示す差圧計仕事正常。
②読み取り液面差圧表示値(kPa):差圧計表示の示度べき?タンク液体媒質静態液面指示値(kPa)の差圧。指針は零位かつ?タンク液体液面安定した場合は、グループ制御バルブハンドル時計回りにいったい、バルブが開いて状態で読み取り液面圧力表示値(kPa)。
(に)は、次の場合は使用できるグループ制御弁の平衡機能(グループ制御バルブハンドルが開け閉め中間位置):
①差圧計読み取り表示値を前に、かどうか検査指針は零位置、使うことができるグループ制御弁平衡状態。
②以下の場合は、するために?タンク気相空間の圧力値で、同時に保護差圧計、使うことができるグループ制御弁の平衡機能(この時差圧計の針は回零位置)。
第一に、?タンク試験圧時;第2、?タンク充液時;第三、?タンク列液時;第4、過給時?タンク。
、③には、圧力計がゼロにずれている場合、指針ゼロビットの調整を行うことが可能です。詳しいことは第9条「故障と処理方法」を参照することができます」。
、④制御弁が長期にわたり平衡作業状態にあるとしている。均衡状態で、気相パイプラインと液相パイプライン和結形成ブースター回路、貯槽のガス相空間が小さな与圧作用。そのため、バランス状態でその機能を完成した後、直ちにコントロールバルブを閉鎖や開いた状態に回復するとしている。オペレータは慎重に上記操作の外に従うべきで、特に注意して注意して。

6、オンライン分解の圧力計と圧力計
正常通気の場合は、圧力計と圧力計。
オンライン分解圧力計
①をMZF -Ⅱ型グループ制御弁が閉鎖状態。
②一本で対辺サイズは17 mmの固定レンチ(S17)に詰まって圧力計では、別の1匹の対辺を24mmの固定レンチ(S24)が圧力计锁ナットを外し、すぐ圧力計(図6 MZF -Ⅱ型グループ制御弁接続図)。
2はオンラインで解体の圧力計
①をMZF -Ⅱ型グループ制御弁が閉鎖状態。
②外しよんしよのM 8の穿孔固定ボルト(図5後ビュー、よんしよ-Φじゅうスルーホール)。
③外して二匹差圧计锁ナット(S22)(図4右図)。
④外しよんしよのM 6スペーサブロック接続ボルト(図5後面図)、この時に望ましい下CYJ型双ベローズ差圧計。

七、付注
(いち)を発見したらハンドルでガス漏れが、時計方向に適切に締めるハンドル先のロックナット(図6 MZF -Ⅱ型グループ制御弁接続図)、本製品はハンドル回転柔軟で、ガス動密封性能が良好で、力を入れすぎずロックナット。
(2)にMZF -Ⅱ型グループ制御弁を開いて、関ジャニの性能が良好で、力を入れすぎず、関開けないように、カードの死。
八、MZF -Ⅱ型グループ制御弁機能等価図
はMZC -ⅡA型の組み合わせ差圧計中、MZF -Ⅱ型グループ制御弁の機能に等しいバルブ、下のバルブ、平衡弁と圧力弁の4つのバルブの機能。グループ制御弁を表示できる差圧計と圧力計の表示値、または閉鎖差圧計と圧力計の表示値(図2)。